用途で選ぼう!スペックの注目ポイント

グラフィックを扱うなら高性能な機種を

業務で使用するパソコンを選ぶにあたり、どんな目的で使うのかを見極めなくてはいけません。動画や静止画の編集、CGの作成をするためのパソコンなら、特に念入りにスペックを確認しましょう。一番注目したいのはグラフィックボードです。これはモニターに表示するグラフィック全般を処理するためのパーツです。グラフィックボードがなくてもパソコンは動きますが、動画やCGに関連する業務があるなら不可欠なパーツといえます。性能がよいほど効率的に業務ができますが、価格も高くなる傾向なので予算に応じて選びましょう。予算に余裕があるなら、メモリも増量しておくと快適になります。グラフィックボードはあとから追加(交換)することも可能なので、最初は安めのパーツで様子を見る選択肢もあります。

事務職が使用するパソコンの場合

経理や営業など、事務的な職種で利用するパソコンの場合、グラフィックボードはなくてもかまいません。パソコンの動作全般が快適になるように、ストレージはハードディスクではなくSSDを搭載した機種を選ぶとよいでしょう。SSDを搭載したパソコンはOSやソフトの起動が明らかに速くなるのでおすすめです。メモリの増量もしてあるとさらに快適です。パソコンの頭脳ともいえるCPUは高速なパーツのほうがよいのはもちろんですが、事務的な業務なら比較的安い(低速な)CPUでも問題ありません。CPUのグレードをあえて落として、浮いた予算で大きめのモニターを導入すると作業効率がかなり上がります。営業職が外に持ち出すパソコンの画面は比較的小さいはずですが、オフィスでは大きなモニターにつないで使うこともできます。

© Copyright Premier Corporate PC. All Rights Reserved.