細かいところにもこだわった自作PC

音がほとんど発生しないPCを作れば静かなオフィスにできる

会社で利用するパソコンの入手方法としては、新品、中古に限らず、メーカーが製造した完成品を購入するというのが一般的ですが、パーツを一から買い揃えて社員が作ってしまうというのもありです。こうしたパソコンは自作PCと呼ばれますが、自作PCの良さは相当細かくカスタマイズできるので、会社の設置場所や業務に合ったものをピンポイントで手に入れられるということです。
具体的にはどのようなこだわりのパソコンを作れるのでしょうか。まず挙げられるのは、音がほとんどしないパソコンでしょう。こうしたものは静音PCと呼ばれますが、メーカーが製造している法人向けパソコンにはまず存在しません。しかし、自作ならCPUファンなどを静音仕様のものにすることで作ることができます。

オフィススペースが小さくても小型PCなら大丈夫

従来のデスクトップパソコンよりもはるかに小さいPCを自作することも可能です。こうしたパソコンは省スペース型PCと呼ばれ、メーカー製のものも存在はしていますが、そこまで小さいというわけではありません。小型パソコンはどうしても熱がこもりやすく、あまり小さくしすぎるとケース内が極度の高温状態になり、性能が落ちたり、寿命が少なくなったりするからです。
しかし、予算に余裕がある状態で自作PCを作成できるのであれば、小型でも抜群に冷却可能なファンや、高性能でもあまり発熱しないCPUやビデオカードなどを取りそろえられるので、小さいのに性能がよく、さらに発熱も普通のデスクトップ並みというPCを作ることができるでしょう。

© Copyright Premier Corporate PC. All Rights Reserved.